土地活用を考える時にロードサイド店舗経営の利点はどこにあるか?

    

土地活用を考える時にロードサイド店舗経営を考えている人もいるでしょう。自分の持っている土地の周辺は交通量が多いということになると、マンションでは騒音問題などが発生しますので、あまり適していない可能性があります。そういう場合は、ロードサイド店舗経営を考えていけばいいのではないでしょうか。

ここではその利点について紹介していきます。

■収益性が高い
ロードサイド店舗経営は他の土地活用の方法と比べて収益性が高いという傾向があります。同じ敷地面積で住居系と比較してみてもロードサイド店舗経営であればその2倍くらいの収入を得ることが可能です。収益性が高いことはメリットにはなりますが、これはテナント店舗の経営状況に左右される点には注意してください。

■周辺住人の利便性向上につながる
ロードサイド店舗経営は都市計画法上のの用途制限などの法規制や行政による指導、商圏内の需要予測などの条件を満たさなければ行うことはできません。つまり、需要が無ければ出店することすらできないわけです。結果的に出店できたというのであれば、周辺住人の利便性が上がるということになります。

利便性が低いエリアであれば出店をしてくれることで喜んでもらえます。

■まとまった大きさの土地を活用することが可能
ロードサイド店舗経営はまとまった大きさの土地であっても十分に活用することができます。小さい土地であればファーストフード店やコンビニでもいいでしょうし、まとまった土地があればショッピングセンターなどでもいいのではないでしょうか。

■収益性の高さと利便性向上が魅力
ロードサイド店舗経営はいわば選ばれた人しかできない土地活用の方法です。この方法を取った時の利点は収益性が高いことと、周辺住民の利便性向上につながることです。