• 最近の土地活用方法の一つとしてある太陽光発電について語るサイト
  • 太陽光発電を土地活用の一つとして捉えてみたは如何でしょうか?最近は太陽光発電で土地活用をしていくことで、初期費用を回収することが出来るという人が増えてきているそうです。
  • 土地活用

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    土地活用で太陽光発電を行う場合、10年ほどで初期費用が回収できる

    太陽光発電の設備を自宅の屋根に設置したり、遊休地で野立てするというように始める人が増えてきました。その背景としては国の再生可能エネルギーへの転換への取り組みがあるからです。再生可能エネルギーの一環として太陽光発電があります。太陽光発電は10年程度で初期費用が回収できて、その後は純利益になるということもあり、土地活用として注目をされてきています。

    ■固定価格買取制度によって普及が加速する
    太陽光発電を普及させるためにも、太陽光発電によって生み出された電気を決まった価格で電力会社が買い取らなければいけないという、固定価格買取制度が始まりました。初期費用として太陽光パネルなどの機器の購入費用や設置費用が掛かるわけですが、固定価格買取制度は初期費用のことも考慮に入れて、約10年ぐらいで回収できるような金額に設定してあります。

    固定価格買取制度は太陽光発電を始めた年の価格が保証期間の間継続されるわけです。最近は固定価格が下がりつつある中で、始めた年の価格がある程度続くというのはありがたいことです。年ごとに多少の発電量のブレがあったとしても、将来的にどれくらいの収入が見込めるのかというのは読めますので、ある程度精度の高いプランを立てることができます。

    土地活用で太陽光発電を行う場合、10年ほどで初期費用が回収できる

    買取価格は年々下がってきていることが分かります。買取価格が下がっているのは太陽光発電の設備が技術競争などでどんどん下がってきているために、それに伴って売電単価も下がるためです。決して再生可能エネルギーの割合を減らしているわけではないです。

    宣伝:賃貸経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

    ■売電価格は下がっているが、設備費用も下がってきている
    買取を行うための売電単価は確かに下がってきていますが、それに伴って設備費用も下がっています。そのため、10年ほどで初期費用が回収できる点は変わりません。

    ◆土地活用の方法として太陽光発電が向いている土地
    土地活用の方法として太陽光発電を考えている家庭もいるのではないでしょうか。賃貸経営や駐車場経営などの土地活用に関してはどちらかと言うと都心部のほうが有利になるケースが多いです。しかし、太陽光発電の場合は都心部でも可能なのですが、田舎の方が広い土地が確保できるために太陽の光さえ確保できれば有効になります。

    ここでは太陽光発電に向いている土地について紹介していきます。

    ■周囲に太陽光を遮るものがない
    太陽光発電を行うのであれば、何よりも日当たりの確保は重要なことです。そのためには周囲に高い建物や樹木が少ない場所が適しています。特に落葉樹の山林は無い方がよく、落ち葉によってパネルが隠されてしまうと発電量が減ってしまうということがあります。

    ■近くに電柱があること
    電柱は何に必要になるのかと言うと、発電したものを送電するために必要になります。宅地が付近にあるならば電柱はありますので全然問題がないのですが、田舎であれば近くに電柱が無いというケースもあり得ます。電柱が無ければ電力会社に依頼すれば設置はしてもらえるのですが、これは土地所有者の事業目的によりますので、残念ながらお金を支払う必要があります。

    ■土地を整えるためのコストが小さい
    土地活用で太陽光発電を行うのであれば、太陽光パネルが設置できるように土地を整える必要があります。山林だと木を伐採しないといけないですし、農地であれば農業委員会に転用許可を得ないといけないです。

    ■平坦で太陽光が受け取れて電柱があるところがふさわしい
    太陽光発電をしようというのであれば、パネルを設置するためにも平坦な土地で、電柱が近くにあり、何よりも太陽光を遮るようなものが無いところがいいでしょう。